競馬69 京都新聞杯のアドマイヤビルゴを見ていて・・・

hqdefault

京都新聞杯で4着のアドマイヤビルゴですが
見る限り力負けですね・・・
上手く乗ればという言い方も出来ますが
6億2640万の馬ですよ?

投資を回収するのって現役生活の活躍も勿論だけれども

種牡馬として成功する必要はあるのだろうし
G1を1勝程度じゃスタートラインにすら立てない可能性もあるのでは?
今後、約6億円を無事に回収できるのでしょうか?

次は何のレースに出るのか気になるのですね。

ちなみにアドマイヤビルゴは高額馬ランキング2位ですね。1位はディナシーという競走馬で

牝馬で6億3000万

牝馬に6億3000万とか正気なのでしょうか?それとも生産者との関係作りなどの私にはわからないような世界があるのだろうか?
父と母はキンカメとトゥザビクトリーですが
それまでの価値があったのか?
それとも牝馬を高額で購入する理由があったのでしょうか?
素人の私には想像がつきません。
何か特典とかあったのかな?

ちなみに現在の賞金ランキングの牝馬5位のヒシアマゾンが6億8690万円です。
ですので経費等を込みで考えるとヒシアマゾン以上に稼ぐ必要があるかもしれません。
無茶苦茶や・・・w

しかも驚くことに
ディナシーは

まさかの未出走ですw

そして産駒も目立った成績を残していません。
馬主は暴れなかったのでしょうか?
金より名誉の世界なのか・・・?
それとも大金持ちの道楽なのか・・・?

今度、ゆっくり調べてみようかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました