コロナウィルス 1世帯30万給付の条件がやっぱり不可能すぎる件 

1世帯30万給付の条件が明らかになっていますが
国民からは大ブーイングですが与党の仲間内でも大ブーイングみらしいですね。

ちなみに大ブーイングの条件の対象である住民税非課税世帯の年収と
世代別年収の図

そんな大ブーイングの給付条件ですが

①2月以降の収入が1月より減少し、住民税非課税水準以下に落ち込む世帯(6月までの何れかの月が対象)
②急激な客足の減少等で月収が半減したとあれば住民税非課税水準の2倍以下まで対象になる。
③5月にも開始

見ているだけで一般サラリーマンには無理ゲー臭がします。
①住民税非課税世帯の年収をみると両親+子供2人の4人世帯で510万の収入の
月収42.5万が21.25万以下になる事が給付条件になります。
子持ちの世帯ならわかりますが月収21万で子供二人は家持ちでローン無し
でもないと厳しいです。そんな裕福な家庭は殆どありません。
赤字確定です。

児童手当を1万上乗せも焼け石に水レベルです。

単身は100万以下なので約8.3万以下で生活出来ません。
というより単身に給付する気は全くないと思います。

色々と書いてますが基本的に住民税非課税世帯まで会社の給与が落ちる事は
こ会社自体の体力がヤバいと思います。
わざと月収を下げてくるような会社は信用性0です。
もう倒産・離職待った無しです。

②は飲食店経営者向けですかね。
個人経営や会社経営でここまで月収がさがると倒産寸前なのでは?
と思うのは私だけでしょうか?
個人事業主や会社経営者の不正の温床になりそうですね。

ただ条件はわかりませんが
大幅に収入が減った中小企業には200万
フリーランスには100万の支援策があるみたいですね。(追記:条件は事業収入半減以下みたいです。)

③支給時期が遅すぎる。今でしょ!給付手続き時のクラスターでも恐れているの?
しかも夏にずれ込むかも?との不確定情報も・・

これって実際に給付を受け取れる世帯は1000万もいるのだろうか?
実際の数が知りたい位です。
今後も支給条件や対象者が変わるかもしれませんですが
国が現金を支給する気がないのは伝わってきます。

しかも30万を受け取れる人って不正をする人以外は
ガチで生活がヤバい人しかいないはずなので貯金がない人は
消費者金融コース一直線か餓死です。


金を渋る時は疾風の如く、金を出す時はカメ・・・
なのに年々増える税金・・・
どうなっているんや、大日本帝国よ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました